VOICE

沖田ギターユーザー様の声

菅野コータ氏

現在使わせて頂いている沖田会長のナイロン弦ギター。最初の出会いが自分の1stアルバムのレコーディングのタイミングでした。沖田ギターさんとのご縁は、今の自分のメイン楽器である、M-factoryさんとコラボしたアコースティックギターを手にさせて頂いたところから始まります
アコギの完成度も「この世界にこんなレベルの楽器が存在し得るのか!」と、とても衝撃的なものだったのですが、ナイロン弦もこれまた衝撃的で、どこまでも深く温かみのある、それでいてとても親しみやすい、いつまでも弾いていたくなるような楽器、そして、とてもよく「歌ってくれる」楽器、これが現在所有させて頂いているナイロン弦ギターの魅力と感じています。
元々は1stアルバムのRecでどうしてもナイロン弦の音を入れたい楽曲があり、沖田さんのご厚意でRec期間中に「お借り」していたのですが、Rec期間が終わってもどうしてもこの楽器のことが忘れられず最終的に我が家に来て頂きました。(笑)
沖田会長が製作された楽器はどれもみな音楽的なキャパシティが大きいです。「奏者の弾き方・入力にどこまでも寄り添ってくれる」音楽表現をするにあたってこれほど嬉しいことはありません。